2019.11.01

レッドブル・ホンダ問題山積。
フェルスタッペンの大口は不安の表出か

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 結果はどうあれ、メキシコでの最速はレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンだった。

 しかし、その速さが1週間後のアメリカ合衆国オースティンでも発揮できるかと言われれば、その確証はまったくない。

昨年のフェルスタッペンはアメリカGPで表彰台を掴んだが......「いいレースができると思うよ。去年は最後方(18番グリッド)からスタートして、表彰台(3位)でフィニッシュすることができた。まぁ、後方スタートだからこそ別の戦略を採ることができたというのもあったけど、悪くないレースだったよね。

 でも、今年はもう少し前方のグリッドからスタートしたいと思っている。そこからどこまでやれるか見てみないとね。メキシコではマシンがとてもよく機能してくれたし、今週末もその勢いを継続できればと思っているよ」

 フェルスタッペンは3位表彰台を獲得した昨年のアメリカGPを引き合いに出してそう語ったが、それはあまりに楽観的すぎる見方かもしれない。いや、期待値が高いときほど慎重な見方を口にするフェルスタッペンの性格を考えれば、自信がないからこそ大口を叩いたとも言えそうだった。

 メキシコでは誤った2ストップ戦略で後退したものの、レース序盤は3位を好走していたアレクサンダー・アルボンは、言外にメキシコのようなメルセデスAMGやフェラーリに匹敵する走りは、アメリカでは難しいだろうという思いをにじませながら、言葉を選びつつ語った。

「メキシコはいつもレッドブルにとっていいレースだけど、標高が高いとか特殊な条件ではない一般的なサーキットに来て、どうなるか……。悲観的になっているわけではないけど、自分たちが何をすべきかわかっているよ。

 ここには長いストレートがあるし、高速コーナーも少ない。上位争いのなかに入りたいとは思うけど、FP1が始まってみなければなんとも言えないと思う」

 メキシコGP前の鈴鹿では、空力性能もメカニカル性能もパワーもすべてが問われるハイレベルなサーキットゆえに、メルセデスAMGやフェラーリには大きな差をつけられ、中団グループのマクラーレンを抑えて4位でフィニッシュするのが精一杯だった。