2019.10.15

鈴鹿がすべて教えてくれた。
レッドブル・ホンダの偽りなき現在地

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 スタート直後の1コーナーで、観客席は悲鳴と溜め息に包まれた――。好スタートで3位に浮上したかに見えたマックス・フェルスタッペンが、フェラーリのシャルル・ルクレールに押し出されて最後尾に落ちてしまったからだ。

「あれはいったい何だ!? アンダーステアを出して僕のマシン横に突っ込んできたんだ!」

アクシデントに巻き込まれて早々にリタイアしたフェルスタッペン フェルスタッペンは無線でそう叫び、レース後の審議で自分の非を認めたルクレールには接触とその後の危険走行で、計15秒の加算ペナルティが科された。だが、フェルスタッペンが失った順位は、もう元には戻らない。

 結局、フェルスタッペンはマシンのダメージが大きく、ダウンフォースを失って挙動が極端に不安定になったため、リタイアを強いられた。

「僕はハードなレーシングが好きだよ。でも、これはハードレーシングじゃない。ただの無責任なドライブだ。スタートが悪かったからそれを何とか取り戻そうと必死だったんだろうけど、長いレースなんだから、ほかにいくらでもやりようはあったと思う。僕はイン側にスペースを残していたし、僕としてはあれ以上どうすることもできなかった」

 そして、レッドブル・ホンダのもう1台、アレクサンダー・アルボンはスタートでホイールスピンを喫してマクラーレンの2台に抜かれ、挽回すべくランド・ノリスのインに飛び込んだところで接触。その後もカルロス・サインツを抜いて4位でフィニッシュするのが精一杯で、表彰台争いに加わることができなかった。

 地元グランプリで大勢の人々から応援の言葉をかけられたというホンダの田辺豊治テクニカルディレクターも、その声に応えることができなかったと大きく肩を落としていた。

 しかし、これが現状のレッドブル・ホンダの実力だと、田辺テクニカルディレクターは語った。

「予選では各チームが2台ずつ並びましたから、現状の実力どおりの結果だったと思います。ホンダにとってはホームレースで残念な結果になりましたが、総じていえば、我々の実力のなかで持てる力を出せたレースだったかなと思います」