2019.10.01

レッドブル・ホンダふんばり時。
鈴鹿前2強へ追いつけ追い越せなるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 F1第16戦・ロシアGPはレッドブル・ホンダにとって、残り5戦に向けた”準備”のレースだった。スペック4のICE(内燃機関エンジン)を投入してペナルティを消化しておき、残り5戦でフルにそのポテンシャルを使い切るための準備だ。

 しかし、それ以上にチームを落胆させたのは、厳しい現実を突きつけられてしまったからだ。

フェルスタッペンの実力でもロシアGPでは4位が精一杯 ソチ・アウトドロームでのレッドブル・ホンダは、フェラーリとメルセデスAMGにまったくと言っていいほど歯が立たなかった。シーズン前半戦の終盤にあれだけトップに近いところまで上り詰めていたはずが、いつの間にかまた2強の後塵を拝するポジションに後退してしまった。

 金曜のフリー走行ではトップタイムを記録する好調ぶりに、チーム内も明るい雰囲気だった。だが、予選では一転して2強チームに後れを取った。それもフェラーリには、0.682秒という大きな差をつけられてしまった。

 そして決勝でも、5グリッド降格でのスタートだったとはいえ、マックス・フェルスタッペンは中団グループを抜くのが精一杯。2強の後方4位でレースを終えた。

 セーフティカー導入でギャップがゼロになったにもかかわらず、そこから上位勢に着いていくことができなかった。タイヤの差があったとはいえ、最後にソフトに履き換えてもファステストラップを獲ることができないと判断するほど、2強との差は明らかだった。

 レース後、フェルスタッペンははっきりと負けを認めた。

「すごく退屈なレースだったけど、間違いなくこれが今日、僕らにできる最大限だったと思う。ファステスト狙いのピットインも考えなかった。前の連中はそんなことをしなくても(使い古したタイヤでも)ファステストラップを取るだろうと思ったから。ソフトに換えてもダメだったと思う。単純に十分な速さがなかった」

 金曜日は最速だったのに、土曜日には一転してフェラーリとメルセデスAMGに大きな差をつけられた。その理由は、追い風が強くなった影響でセクター3でのアドバンテージが消えたことに加え、2強が予選モードでパワーを上げたことにより、ストレート主体のセクター1で後れを取ったからだ。