2019.04.11

ゴーンショックの影響はなし。
スーパーGT日産の名門が復活へ好調維持

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

スーパーGT開幕プレビュー@GT500編

 2019年のスーパーGTシリーズが4月13日、14日に岡山国際サーキットで開幕する。シーズン前には公式合同テストが2度行なわれたが、その内容から各陣営の仕上がり具合や今年の勢力図が少しずつ見えてきた。

 モータースポーツの開幕前合同テストは、プロ野球でいうところの「オープン戦」、Jリーグならば「プレシーズンマッチ」のようなもの。ここでの結果が、シーズンを占ううえで重要な試金石となる。

王座奪還に挑むナンバー12のカルソニックIMPUL GT-R ホンダ、レクサス(トヨタ)、日産がしのぎを削るGT500クラスの各陣営は、毎週のように各地のサーキットでテスト走行を繰り返し2019年仕様のマシンを仕上げてきた。ただ、合同テストではライバルに「手のうちがバレる」ことにもなりかねないため、緊張感を漂わせながら走るチームが多かった。

 そんななか、2回のテストで好タイムを記録していたのは日産勢だ。昨年はライバル2社に後れをとって惨敗に終わってしまったが、今年は挽回すべく、車体やエンジンにかなりの改良を入れてきた。

 その日産勢のなかでも、とくに速さを見せたのが、「元祖・日本一速い男」として知られる星野一義監督率いる名門チームインパル、ナンバー12のカルソニック IMPUL GT-R。今年はGT500クラス参戦6年目となる慶應義塾大出身の佐々木大樹(27歳)に加え、F1でリザーブドライバーの経験もあるイギリス出身のジェームス・ロシター(35歳)がレクサスから移籍してきた。

 新体制となった12号車は、2月のマレーシア・セパンテストや3月の鈴鹿テストなど、各メーカーが主催するプライベートテストでトップタイムを連発。そして全15台が集まった岡山国際サーキットと富士スピードウェイでの公式テストでも、GT500クラス総合トップタイムを叩き出した。まさに「絶好調」と言っていいほどの仕上がり具合だ。

 しかし、星野監督はテスト結果を冷静に受け止め、楽観視する様子はまったくない。