2019.02.11

MotoGP今季初テスト。
ドゥカティ上位独占もライバルへの警戒怠らず

  • 西村章●取材・文・撮影 text & photo by Nishimura Akira

 2月6日から8日まで、マレーシアのセパン・サーキットで行なわれた3日間のプレシーズンテストは、上位4つをドゥカティ陣営が独占した。

 トップタイムは、今年からファクトリーチーム入りを果たしたダニロ・ペトルッチ(ミッション・ウィナウ・ドゥカティ)。2番手には昨年のMoto2チャンピオンで最高峰ルーキーのフランチェスコ・バニャイア(アルマ・プラマック・レーシング)、3番手にバニャイアのチームメイトのジャック・ミラー、そして4番手にはファクトリーチームのエース、アンドレア・ドヴィツィオーゾが入った。

ドゥカティのエース、ドヴィツオーゾがテストの感想を語る ペトルッチからドヴィツィオーゾまでのタイム差は0.299秒で、4名ともセパン・サーキットの非公式最速タイムを上回るラップタイムを記録した。……と、この結果だけを見ると、ドゥカティが他陣営を圧したかのように早合点してしまいがちだが、ことはそう単純ではない。

 セッション時間をまだ残した状態で最終日の走行を切り上げたペトルッチは、「まだコース上に残っている選手は何人もいるし、(マーベリック・)ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)あたりがタイムを更新してくるかもしれないね。この3日間のテストではとても速かったから」と、他陣営の選手たちへの警戒を怠らなかった。

 さらに、今の状態でレースを行なったとしても、自分は優勝候補に届かないだろう、と慎重な見方も示した。

「トップファイブには入れるだろうけど、表彰台を狙えるどうかはわからない。バレンティーノ(・ロッシ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)は調子を上げているし、去年の決勝レースでも速かったよね。(アレックス・)リンス(チーム・スズキ・エクスター)も、この暑さのなかで速さを発揮している。

(マルク・)マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が来るのは、もちろん言うまでもない。他にも(フランコ・)モルビデッリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ドヴィ……と数えていくと、僕たちは10番目くらい(笑)? だからきっと、5位争いくらいの位置になるんじゃないかな」