2018.10.01

名ドライバーが残した鈴鹿名言集。
セナはスプーンカーブで「神を見た」

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • photo by AFLO

【短期連載】鈴鹿F1日本グランプリ30回記念企画

 これまで数々の名シーンが生まれ、日本のみならず世界中のファンから愛されている「鈴鹿」。どのドライバーに話を聞いても、彼らから発せされる言葉は鈴鹿を絶賛するものばかりだ。世界の頂点に立つF1ドライバーたちが語った、鈴鹿に関する名言をまとめてみた。

F1日本GP「伝説の瞬間」(1)から読む>>>

初のワールドチャンピオンに輝いて目を潤ませるアイルトン・セナF1日本GP「伝説の瞬間」(8)@ドライバーコメント編

『鈴鹿サーキットは、神の手で作られたコース』
(セバスチャン・ベッテル)

 2009年に初めて鈴鹿を制覇したとき、当時レッドブルのセバスチャン・ベッテルが語ったひと言だ。ベッテルは日本GPを走った過去9回のうち4勝を挙げており、表彰台にも計7度も上がるなど、鈴鹿との相性は非常にいい。鈴鹿への想いは人一倍強く、レッドブルに在籍していたときは日の丸カラーの日本GP専用ヘルメットを用意していたほどだ。


『鈴鹿のコースは夢のようだ。とくに最初のセクターがすばらしい。ここをドライブするのは、すごくワクワクする』
(ミハエル・シューマッハ)

 F1ワールドチャンピオンに史上最多の7度も輝いたミハエル・シューマッハも、鈴鹿サーキットでのレースを毎回楽しみにしていたドライバーのひとりだ。1998年から2000年にかけてミカ・ハッキネンと繰り広げたトップ争いは、今でも多くのファンに語り継がれている。

 とくに白熱した2000年は、ハッキネンが「僕は逆転チャンピオンのために、全力を尽くして鈴鹿で勝つつもりだ。シューマッハのブレーキポイントより、僕は3メートル奥まで我慢する」と語ると、負けじとシューマッハも「じゃあ、ハッキネンがブレーキを3メートル奥まで我慢するなら、僕は5メートル我慢する(シューマッハ)」と張り合ったというエピソードもある。


『ずっと幼いころから、ここで走ることを夢見てきた』
(ルイス・ハミルトン)

 ここ数年、圧倒的な強さを誇っているルイス・ハミルトン。彼は「セナ・プロ対決」のころのF1を観て育ってきた世代ということもあり、数々の名勝負が生まれた鈴鹿サーキットを走るのが楽しみで仕方なかったという。初めて訪れた2009年には、コースの下見のときにハイテンションで各コーナーを回っていたというのは有名な話だ。