2018.08.24

D・リカルドはなぜ勝てるレッドブルから
勝てないルノーに移籍するのか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 2019年に向けて上位チームのドライバーたちが続々と残留を決め、今年の「プールリーグ」はほとんど動きもないだろうと思われていた。しかし、ダニエル・リカルドの意外な決断によって激震が走り、夏休みのF1界は大いに揺れた。

 トップチームのレッドブルから、まだ中団グループのトップを争う存在でしかないルノーへの移籍を決めたのだ。

1ヵ月の夏休み期間に急転直下でダニエル・リカルドのルノー移籍が決まった「夏休みまでに決めたい」と言っていたリカルド自身、前半戦最後のGPの週末でさえ、まだはっきりとした答えは見つけられていなかったという。

「正直言って、ハンガリーGPの週末の段階でもまだ自分がどうすべきなのか、はっきりとした答えは出ていなかった。火曜日にテストで走って、それから48時間、じっくりと時間をかけて考えてみた。自分自身にとって最良の結論は何なのかと、眠れないほど考えた夜も何度もあった。そして辿り着いたのが、この決断だったんだ」

 一部では、来季からレッドブルが組むホンダの性能や信頼性に不安を感じたためだという推測記事や、上位チームでは比較的安いレッドブルのサラリーから大幅増の金額を提示されたためだという記事もあった。

 それらは半分事実で、半分間違いだとリカルドは言う。

「物事にはさまざまな未知数があるし、僕がどこに行くかも未知数だった。ホンダがまだ上位で戦える実力を証明しなければならないのも事実だけど、正直言って何かこれと言うたったひとつの理由で離脱を決めたわけではない。最大の理由は、新たな環境に身を置きたかったということだ。パワーユニットでも金銭的なことでもなく、最大の理由は僕自身なんだ」

 レッドブル育成ドライバーとして2011年にHRTからF1デビューを果たし、トロロッソで経験を積んで2014年からレッドブルへ昇格。4年連続王者セバスチャン・ベッテルを上回る速さを見せた。レッドブルで5年になるリカルドが新しい環境で新しい挑戦を欲したのは事実だろう。