2018.08.11

ジェンソン・バトン痛恨のペナルティ…
王座獲得へ「大量得点」が必要

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

【連載】ジェンソン・バトンのスーパーGT参戦記(6)

 2016年にF1を引退したのち、今シーズンからスーパーGTに挑戦しているジェンソン・バトン。シリーズも後半戦に突入し、8月4日、5日には富士スピードウェイで第5戦「富士500マイルレース」が開催された。

「ジェンソン・バトン連載」(1)から読む>>>

5位フィニッシュで「悔しい」と語るジェンソン・バトン 山本尚貴/ジェンソン・バトン組のRAYBRIG NSX-GT(ナンバー100)は、ここまで4戦を終えて2度の2位表彰台を獲得している。計32ポイントで、ドライバーズランキングは2位。だが、今回の第5戦・富士は大会前から厳しいレースになると予想された。

 というのも、富士スピードウェイは国内最長を誇る約1.5kmのロングストレートに加え、低速で回るコーナーが多く、NSX-GT勢にとっては比較的相性のよくないコースだからだ。実際、5月に同地で行なわれた第2戦でもNSX-GT勢は苦戦を強いられ、100号車も9位に終わった。

 さらに、100号車は今回、64kgものウェイトハンデがある。バトンも「我慢のレースになるだろう」と語っていた。

 そんな状況下で始まった第5戦の決勝レース。今回はシリーズ最長となる500マイル(約800km)で争われるため、途中4回ものドライバー交代を行なう長丁場の戦いに挑んだ。

 すると、予選9番手からスタートした100号車は、レース序盤からいきなり不運に見舞われる。11周目、他車との接触を避けようとして1コーナーでスピン。一気に14番手まで後退してしまった。それでも、山本はあきらめずに8番手まで挽回。36周を終えたところでピットインし、今度はバトンがマシンに乗り込んだ。

 ところが、ここでバトンのスーパーGT経験不足が露呈してしまう。コース後半のダンロップコーナーで、GT300マシンがトラブルでストップ。マシンを安全に回収するため、黄旗2本による振動提示(通称ダブルイエロー)が行なわれた。