2018.04.26

山本尚貴、2年ぶり優勝に涙。
「天国のおばあちゃんが勝たせてくれた」

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 4月21日~22日、国内最高峰フォーミュラカーレース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」の2018シーズンが幕を開けた。舞台となった鈴鹿サーキットを制したのは、スーパーフォーミュラ(前身のフォーミュラ・ニッポン含む)参戦8年目の山本尚貴(TEAM MUGEN)。2年ぶり通算4勝目を挙げ、TEAM MUGENのエースとしての貫禄を示した。

表彰台で優勝トロフィーを掲げる山本尚貴 TEAM MUGENは昨年、新進気鋭の若手ピエール・ガスリー(現F1トロロッソ・ホンダ)を迎え入れてシーズン2勝をマーク。チームランキング2位を獲得する活躍を見せた。その一方で、長年エースとしてチームを引っ張ってきた山本は苦戦を強いられ、シーズン未勝利という不本意な結果に終わっている。それだけに今回、レース後に何度もガッツポーズを見せていた姿は実に印象的だった。

 2016年、山本はテレビ東京アナウンサーの狩野恵里さんと結婚。今年の2月には第1子・第2子となる双子の女の子が生まれ、二児のパパになった。

 レース後の記者会見では、父親になって初めて優勝した心境を聞かれ、「家族が増えて、子どもができて、がんばる力が増えたのは確かです。……いい報告ができるのは、幸せなことかなと思います」と照れながら答えていた。

 ただ、彼の心のなかにはもうひとり、「この勝利を報告したい人」がいた。実は子どもが生まれた数日後に、山本のことをずっと応援してきてくれた最愛の祖母が他界していたのだ。

「子どもが生まれた直後に大好きな父方のおばあちゃんが亡くなって……。”命の誕生”と”命の別れ”を1週間の間に経験することになり、精神的には相当つらくて……正直、おかしくなりそうな状態でした」

 山本がレーシングカートを始めたころから、祖母はずっと孫の活躍を気にかけてくれていた。地元のツインリンクもてぎでのレースにも毎回、応援に駆けつけていたという。小さなころから”おばあちゃん子”として育ってきただけに、この別れは山本にとって非常につらいものだった。