2018.03.21

「また負けちゃったよ」とマルケス。
MotoGPは開幕から絶叫バトル

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 2018年のMotoGPは、各陣営の選手たちが何台も入り乱れて激しいバトルを繰り広げながら推移していくシーズンになりそうだ。

接戦をモノにして開幕戦を制したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(中央) 開幕戦カタールGPは、それを予感させるに十分な展開で金曜からのセッションが推移した。そして、決勝レースの最終ラップで緊張と興奮が最高潮に達する、二輪ロードレースの醍醐味を詰め込んだような流れになった。

 3回のフリープラクティスを経て、上位12名がトップグリッドを争う土曜の予選QP2では、このセッションに進出した12名のほぼ全員が最終盤に最速ラップを塗り替え合う息詰まるタイムアタックが連続した。

 ポールポジションを獲得したのは、最高峰クラス2年目のヨハン・ザルコ(モンスター・ヤマハ Tech3)。昨年のチャンピオン、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が僅差で2番手につけた。サテライトチームながらファクトリーマシンを駆るドゥカティ陣営のダニロ・ペトルッチ(アルマ・プラマック・レーシング)が3番グリッド。同様に、ホンダ陣営の第3ファクトリーマシンに乗るカル・クラッチロー(LCR ホンダ・カストロール)が2列目4番手。金曜の走り出しから頭ひとつ抜けたパフォーマンスを披露していた昨年ランキング2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)、そして昨シーズン終盤から今年のプレシーズンテストで切れ味のあるスピードを見せてきたアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が2列目の5、6番グリッドを占めた。

 ポールポジションのザルコから0.709秒差で8番グリッドにつけたバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が「予選は2列目以内が目標で、確保できたと思ったけど、終わってみたら3列目になっていた」と土曜夜に話した言葉にも、このセッションの激しさがよくあらわれている。

 恒例のナイトレースとして日没後の午後7時にスタートした日曜の決勝は、序盤からレースをリードするザルコを彼ら上位陣の選手たちが僅差の大集団で追う展開になった。