2017.09.06

「なぜか今日は遅くない」と驚くアロンソ。
ホンダの次戦は? 来季は?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 スロットル全開率が75%を超える超高速サーキット。モンツァで行なわれる第13戦・イタリアGPは、非力なマクラーレン・ホンダにとってシーズンでもっとも厳しいレースになると思われていた。しかし彼らは、その予想を覆してみせた。

超高速サーキットのモンツァでホンダは悲観的な予想を裏切る走りをみせた ドライの金曜フリー走行ではストフェル・バンドーン7位、フェルナンド・アロンソ8位。ウエットの予選ではバンドーンが10位、アロンソはグリッド降格ペナルティが決まっていたためQ3に進まないようスロットルを戻したが、トップ10に入る力は十分にあった。

「なぜだかわからないけど、今日はストレートが遅くない」

 金曜フリー走行でシンガポールGPに向けて『スペック3.7』の改良型パワーユニット(PU)を投入し、ペナルティを消化したアロンソは、クルマを降りてそう述べた。

「とてもポジティブな1日だったね。このサーキットではあまり多くを期待してはいなかったから、今日のパフォーマンスはちょっと予想外だった」

 ベルギーよりもさらに薄型のリアウイングを持ち込んだことと、スペック3以降のパワーユニットの進化が、モンツァでのこのパフォーマンスにつながった。前戦スパ・フランコルシャンでもバンドーンがQ1で10番手タイムを記録していた。

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者はこう説明する。