2017.09.05

エアレース室屋義秀、最強ライバルを
叩くチャンスも返り討ちで無念!

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by red bull

 まさに天王山。その直接対決は、今季の覇権の行方を左右する大一番だったと言っていい。

 ポルトガルのポルトで行なわれたレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ第6戦。レースはラウンド・オブ・8で大きなヤマ場を迎えていた。

ラウンド・オブ・8で、年間優勝を争うマルティン・ソンカと対戦した室屋 前日の予選で3位につけ、この日のラウンド・オブ・14も問題なく勝ち上がっていた室屋義秀が、ラウンド・オブ・8で顔を合わせたのはマルティン・ソンカ(チェコ)。今季開幕戦(アブダビ)を制し、ここまで常に室屋とチャンピオンシップポイントランキング(年間総合順位)でトップを争ってきた好敵手である。

 このふたりに、シーズン中盤から調子を上げてきたふたり――今季2勝を挙げているカービー・チャンブリス(アメリカ)と、全5戦中3戦で表彰台に立っているピート・マクロード(カナダ)――が加わり、年間総合優勝争いは繰り広げられている。

 前回の第5戦(カザン)を終了した時点で、チャンピオンシップポイントランキングは1位チャンブリス(40ポイント)、2位室屋(39ポイント)、3位ソンカ(39ポイント)、4位マクロード(38ポイント)と、わずか2ポイント差に4人のパイロットがひしめいていた。