2017.08.02

W入賞のF1ホンダを数値化すると、
ライバルとのマシン性能差が見えた

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 第11戦・ハンガリーGP決勝でフェルナンド・アロンソが今季最高位の6位でチェッカードフラッグを受け、ストフェル・バンドーンも10位でフィニッシュし、マクラーレン・ホンダは今季初のダブル入賞を果たした。チームスタッフたちはピットウォールによじ登って彼らを出迎え、この結果に沸いた。

ハンガリーGPで今季最高位の6位入賞を果たしたフェルナンド・アロンソ アロンソもついに手にした好結果に笑顔を見せたが、羽目を外して大喜びするようなことはなかった。

「ペースはとてもよかったし、いいレースだった。だけど、6位というのはリカルド(レッドブル)のリタイアがあったからで、それがなければ7位・8位というのが本来の結果。それも想定していたとおりだよ。今日の僕らにとっては、最大限の結果を手に入れたんだ」

 中団グループのトップである6位を手に入れた。スタートでトロロッソのカルロス・サインツに先行され、密集した集団のなかでピットストップのタイミングが難しく、同時ピットインとなってしまいアンダーカットできなかったが、新品タイヤの威力を使ってアロンソがコース上で抜いて6位を手に入れた。バンドーンもピットストップの停止ミスで6.7秒もの静止時間になっていなければ9位でフィニッシュできたし、前がクリアなときにはアロンソと同等以上のペースで走ることもできていた。