2016.06.09

インディ第8戦でウィル・パワー復活。佐藤琢磨はマシンが決まらず沈む

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano  松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

去年のインディGP以来となる優勝を飾ったウィル・パワー 世界最大のレース、インディ500を終えたばかりだというのに、インディカー・シリーズはデトロイトでシリーズ第7戦、第8戦が開催された。ダウンタウンのすぐ北に浮かぶ島に特設されるストリートコースでのダブルヘッダーだ。

 開幕戦といえばフロリダのリゾート地セント・ピータースバーグ。次は伝統があり、人気も絶大なロングビーチ・グランプリ。レース通が多く、アメリカとは違った盛り上がりを見せるトロント……ストリート・レースだけをとり上げてみても、インディカーではそれぞれのレースに特徴、個性がある。デトロイトはアメリカ自動車産業の本拠地というだけでもレースの舞台にうってつけだが、サービス精神旺盛なアメリカ人は、シリーズ唯一のダブルヘッダーという特色をプラスした。

 ファンはダブルヘッダー大歓迎だ。2013年から始まったこの方式、2レースをやってもチケットの値段は2倍にならないどころか据え置き! 4年目の今年もお値段はほとんど変わっていなかった。デトロイトのファンだけお得というのも不公平だし、いっそのこと全イベントをダブルヘッダーにしちゃえばいいのに、とも思う。

 でも、オーバルでは難しい事情もある。クラッシュしたらダメージが大きく、修理に時間がかかって2レース目に出場できなくなるし、ドライバーも脳震とうを起こしたら翌日のレースに出場できないルールだからだ。