ダブル入賞にだまされるな。
モナコで露呈したホンダの厳しい現実

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

今季最高の5位でフィニッシュしたフェルナンド・アロンソ今季最高の5位でフィニッシュしたフェルナンド・アロンソ ずっとニコ・ロズベルグ以下3台の集団を後方に抑え込みながら50周近くを耐えたアロンソは、そのくらい厳しい走りを強いられていたのだ。だからこそ、今のMP4-31が3番目のシャシーでないことなど、誰よりもよくわかっていた。

「8位とか9位でコンスタントにポイントを獲っていけると思うけど、まだ十分じゃないし、僕らが望んでいる場所にはほど遠いんだ。メルセデスAMGはおろか、フェラーリを捕まえるのだってそう簡単ではないし、レッドブルを見ればわかるように、表彰台を争うためにはまだ大きなステップが必要だ」

 ドライバーたちは、雨の混乱によって得たダブル入賞という見た目にだまされてはいない。期待を寄せていたモナコだからこそ、はっきりと突きつけられた現実――。チーム全体がそれと向き合うべき時を迎えている。

●F1記事一覧>

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る