2015.07.08

【エアレース】
室屋義秀が強くなったからこそ味わう「勝つことの難しさ」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 エアレースを勝つことはこれほど難しいのか。そんなことを嫌と言うほど思い知らされた一戦だった。

 7月4、5日、ハンガリーの首都ブダペストで開かれたレッドブルエアレースの2015年シーズン第4戦。今回のレースの主役が、マット・ホール(オーストラリア)であったことは間違いない。

エアレース第4戦はブダペストで開催され、戦いはドナウ川の上で繰り広げられた©Redbull 今季のホールが開幕戦から残した順位は2、2、3位。ただひとり3戦連続で表彰台に立ち、安定した強さには際立つものがあった。

 そのうえ今回の第4戦でも、計3回のトレーニングセッションすべてで「異次元の」と表現して構わないような好タイムを連発。予選は当然のように1位通過し、ラウンド・オブ・14では他のパイロットが1分1秒さえ切れずにいるなか、ただひとり58秒台でフィニッシュし、見る者の度肝を抜いた。

 ホールの優勝は決まったようなもの――。他の陣営にあきらめムードが漂っていたとしても無理はない。

 ところが、そんなホールにも決定的な”弱み”があった。これだけ安定して上位につけていながら、彼にはまだ一度も優勝した経験がないのだ。

 他を圧倒するタイムが逆にプレッシャーになったのか。あるいは、目の前にちらつきはじめた優勝を意識し過ぎたのか。