2015.06.23

【F1】ホンダ総責任者が明言。「後半戦はすごいですよ」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

「いつも頑張ってくれて、ありがとう!」

 6月17日の株主総会と取締役会を経て本田技研工業の社長に就任したばかりの八郷隆弘(はちごう・たかひろ)新社長が、オーストリアGPの現場を訪れてホンダのスタッフたちに声をかけた。

 八郷社長はピットガレージやエンジニアオフィス、パドックのモーターホームなどを視察してまわり、その後、マクラーレンのロン・デニス総帥やF1界のボス、バーニー・エクレストンに挨拶。ドライバーやスタッフたちへの激励とともに、社長が交代しても「F1活動を半永久的に続ける」と宣言したホンダの姿勢になんら変わりがないことをアピールした。

F1界のボス、バーニー・エクレストン(写真右)と話すホンダの八郷隆弘新社長 3月に行なわれた開幕戦オーストラリアGPにも姿を見せていた八郷社長(当時は常務執行役員)は「また来たよ!」と気さくに話しかけ、エクレストンとともに決勝直前のスターティンググリッドを歩いた。

 しかし、マクラーレン・ホンダの2台はグリッドの最後列に並んでいて、ふたりは延々と人混みの間を縫って歩かなければならなかった。2台ともにパワーユニットの年間使用制限4基を超えるコンポーネントを投入し、グリッド降格のペナルティを科されていたからだ。

 2台ともバッテリーと制御ユニット以外のパワーユニット一式を新たに投入し、フェルナンド・アロンソは3コンポーネントが5基目になるため、20グリッド降格(ギアボックス交換も重なってさらに5グリッド降格)、ジェンソン・バトンは2コンポーネントが6基目となったため計25グリッド降格を言い渡された。