2014.03.25

【MotoGP】新旧天才ロッシとマルケスが開幕戦から熾烈なバトル

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 2014年、MotoGP開幕戦のカタールGP最終ラップ直前の21周目、トップ争いを繰り広げていたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)とバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)は、この周回だけで4回、トップの位置を入れ替えた。

激しいバトルを繰り広げたマルケス(左)とロッシ カタールGPは、ナイトレースとして行なわれることが2008年以来の恒例になっている。砂漠の夜を照らし出す照明の中で、このふたりは昨年の決勝レースでも熾烈なバトルを展開した。

 最高峰クラスデビュー戦を飾った超大型ルーキーと、古巣のヤマハへ復帰したスーパースターは、何度か攻守を入れ替える緊張感に満ちた戦いを続けたが、最後はロッシがマルケスを抑えきって、ロッシ2位、マルケス3位という順でチェッカーを受けた。

 あれから一年。超大型ルーキーは史上最年少チャンピオンの座に就き、スーパースターは超一流の水準を保つことができるかどうか本格的に試されるシーズンとして、2014年を迎えた。マルケス21歳、ロッシ35歳。世代の異なるこのふたりが、ともに抜きんでた才能を持つことは、世界中の誰しもが認めるところだが、開幕前の準備という面では、彼らはともにそれぞれの事情で順風満帆とはいえないプレシーズンを過ごしてきた。

 マルケスは、2月上旬の最初の冬期テストを終えた直後に右脚腓骨を骨折。以後のテストをすべてキャンセルし、約6週間もバイクに乗れない状態で開幕戦を迎えた。一方のロッシはというと、今年用のブリヂストンタイヤの性能を引き出すセットアップにヤマハ陣営が苦労を強いられており、昨年よりもさらに1リットル絞られて20リットルになった燃料容量の対応でも、ホンダと比較してやや不利な状況下にあるようだった。

 マルケスはカタールGP初日の走行で、トップから1.4秒差の11番手にとどまったものの、2日目は5番手。そして土曜の予選には鎮痛剤を服用して臨み、ポールポジションを獲得した。走行後には「日を追って脚の痛みは問題がなくなってきた。むしろ脚をかばって右腕でバイクを押さえ込むので、腕のほうがくたびれてしまう」と話した。