2013.11.19

【F1】可夢偉の復活は?来季シート争い最新情報

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki  桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 レッドブルのセバスチャン・ベッテルが圧倒的な速さと強さで史上最多となるシーズン8連勝を飾ったアメリカGP(USGP)。

 そのパドックで、最も大きな人だかりができていたのはロータスのホスピタリティユニットの前だった。それはロータスのロマン・グロージャンがレッドブルのマーク・ウェバーを下して今回2位表彰台を獲得したからではなく、2014年に向けて、このチームが、パドックの話題の中心になっているからだ。

 先週末になって突然、ロータスのキミ・ライコネンが古傷の背中の手術を受けることになり、チームは代役探しに奔走することとなった。結果的にケータハムのリザーブドライバーを務めていたヘイキ・コバライネンが起用されることになったが、彼は先週火曜の夜に電話でオファーを受け、水曜にイギリスのファクトリーでシート合わせや準備をし、木曜の昼過ぎにアメリカのオースティンに到着してチームに合流した。

アメリカGPで、欠場したロータスのライコネンの代役をコバライネンが務めた この、なんとも慌ただしい代役決定の背景には、ロータスの来季シートを巡る微妙な情勢がある。

 ロータスは今回の代役を選ぶにあたって、7人ものドライバーをリストに挙げ、実際にニコ・ヒュルケンベルグ(現ザウバー)や、すでに引退したミハエル・シューマッハなど、複数のドライバーにオファーをしたものの断られていた。誰もが座りたいはずの有力チームのシートであるにもかかわらず、だ。

 それは、ロータスの財政難が影響している。実は、昨年のサラリー遅配に加え、ライコネンには今季の契約金が1ユーロも支払われておらず、チーム離脱の原因のひとつになっていた。そして、今回の代役に対しても、契約金を用意していない。ヒュルケンベルグはオファーを断った理由をそう証言している。