2013.11.26

【F1】マクラーレン・ホンダへ移行中。
名門の中心に日本人エンジニアあり

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 11月23日土曜日の午前9時、ブラジルGPの週末とはいえ、まだ人影もまばらなインテルラゴスサーキットのピットレーンは、冷たい霧雨に濡れていた。

 そんな中で行なわれたマクラーレンのチーム集合写真撮影は、まさしく今シーズンを象徴するような光景だった。すっきりしない天候のもと、ガレージの前に出されたマシン「MP4-28」は雨に濡れ、ドライバーもチームスタッフも雨を気にしながらカメラのフレームに収まる。

 その輪のほぼ中央に座っていたのが、今井弘エンジニアだった。

名門マクラーレンの首脳としてレース戦略を練る今井弘エンジニア 元ブリヂストンのタイヤエンジニアとしての知識と経験を買われてマクラーレンに加わった今井は、今ではタイヤ分析など、レース戦略立案の根幹を担っている。さらにはタイヤをいかに使うかという観点から、マシンのメカニカル面(サスペンションやブレーキなど)のコンセプト設計にまで携わるほか、ホンダとの連携も担うなど、「プリンシパルエンジニア」という極めて重要なポジションにいる。

 今季、マクラーレンはマシン開発に失敗した。エアロダイナミクス(空力)が想定どおりに機能せず、マシン挙動が不安定で速さを発揮できなかった。

 そんな窮地にあるチームを、少しでも上のポジションに押し上げてきたのは、タイヤ戦略を司(つかさど)る今井の手腕によるところが大きかった。他チームより1回少ないタイヤ交換でポジションをジャンプアップさせたことは一度や二度ではない。

 そして、最終戦ブラジルGPもまた、今井の手腕が発揮されたレースだった。