2013.11.27

【MotoGP】マルケスとロッシ、
新旧天才の隣に「無二のパートナー」あり

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

バレンティーノ・ロッシ(左)とマルク・マルケス、新旧ふたりの天才 2013年、MotoGP参戦初年度にチャンピオンを獲得した20歳のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、今季全18戦中16戦で表彰台に上がった。一方、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ・ファクトリー)も2000年に21歳で最高峰クラスへデビューしたが(当時はナストロアズーロ・ホンダ)、その年の成績は全16戦中10回の表彰台獲得、という内容だった。ランキングは2位で終えている。

 後年になってロッシは、「最初からチャンピオンを狙うつもりで挑んでいればデビューイヤーでの王座獲得はけっして不可能ではなかった」と、このシーズンを振り返り、「1年目は学習しようという姿勢で臨んだ戦略は失敗だった」とその後何度も公言している。

 たとえば、彼の自叙伝(『バレンティーノ・ロッシ自叙伝』ウィック・ビジュアル・ビューロウ/西村章・訳)にこんな一節がある。

<2000年シーズン、僕たちはとてつもなく大きな過ちを犯してしまった。開幕前に、自分たちに可能性があると思っていなかったのだ。タイトルは手が届かないと考えていた。(中略)ジェレミー(・バージェス:ロッシのチーフメカニック)と一緒に仕事をしたのもその年が最初だった。僕は21歳で、僕もジェレミーもデビューシーズンにタイトルを獲得することなどとても不可能だと決めてかかっていたのだが、シーズンが終わるころにはそう思ったことを悔やんでいた。>

 だからこそ、ロッシとバージェスは、ホンダからヤマハへ電撃的な移籍をした2004年に最初からチャンピオンを獲得するつもりでシーズンに臨んだのだという。上掲の自叙伝には、その移籍に際するエピソードとして、こんな一節も記されている。

「まずバイクをちゃんと作っていこうよ。7戦か8戦もすれば、きっとトップ集団で争えるようになるさ」