2012.03.19

【F1】開幕戦6位入賞で小林可夢偉が得た手応え。
「もっといい戦いができる」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

オーストラリアGPで6位に入ったザウバーの小林可夢偉

「良いシーズンのスタートが切れました」

 開幕戦オーストラリアGPを、小林可夢偉は6位でフィニッシュしてみせた。マクラーレン、レッドブルの2強4台、そしてフェラーリの1台に次ぐ位置は、現状で考え得る最高のポジションと言ってもいいだろう。

 チェッカーを受けパルクフェルメに戻ってきた可夢偉のマシンは、リアウイングの右側にヒビが入り大きく傷付いていた。スタート直後に他車の追突を受け、手負いのマシンでの走りを強いられていたのだ。

「僕の周りは血の気の多いヤツばっかりで(苦笑)。当てるつもりで来たやろっていうくらいの勢いで突っ込んできたんで、僕は行き場を失ってしまって。インからもアウトからも突っ込んでくるし、(ブルーノ・)セナが僕の横に突き刺さりそうになるし、後ろから追突されるし。よくリアウイングだけで済んだなっていうくらいです」

 リアのダウンフォースが減ったことで、マシンの挙動は変わり、タイヤの保ちも悪くなった。チームメイトのセルジオ・ペレスが1回のタイヤ交換だけで走り切ったことからも分かるとおり、タイヤへの優しさに自信を持っていたザウバーだが、手負いの可夢偉にはそれはできなかった。

「フリー走行で燃料が重い状態で走った時とは感覚が全然違っていたし、悲惨な状態でレースをスタートすることになって、今回はちょっと厳しいかなと思ってたんですけどね。クルマとしてはいい状態ではなかったんですけど、結果的にこのポジションで帰ってこられて良かったです。でも、マシンが壊れてなければもっと良かったはずやし、何もなければ(フェルナンド・)アロンソの前(5位)でしたね」

 事実、最後尾スタートのペレスはレース終盤に7位まで浮上した。それとは対照的に、レースペースが伸び悩む可夢偉はキミ・ライコネンとの攻防に終始し、入賞圏内ギリギリを争うレースになった。

 しかし、その瞬間は突然やって来た。