2012.03.16

【今日は何の日?】
中嶋一貴がウイリアムズからF1フル参戦開始

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Getty Images

トヨタエンジンを搭載するウイリアムズからデビューした中嶋一貴【2008年3月16日】
父のデビューから21年後のフル参戦

 中嶋悟が日本人初のフルタイムF1ドライバーとしてデビューしたのは1987年。それから21年、その中嶋悟の長男である一貴が名門ウイリアムズのレギュラードライバーとして2008シーズンからフル参戦を開始した。

 中嶋一貴は、F1ドライバーを父に持つサラブレッドとして、2002年にトヨタのドライバー育成スクールのスカラシップを獲得。その後、日本と欧州で実績を積み上げていき、2007年にはGP2に参戦しながらウイリアムズの第3ドライバーを務めた。

 そしてレギュラードライバーに昇格した2008年のこの日、初戦・オーストラリアGP決勝で7位完走。6位だったルーベンス・バリチェロ(ホンダ)が失格となったため6位に繰り上がり、上々のスタートを切った。

1