2022.06.04

高田秋が安田記念で気になる馬は?「逆風のデータ」を吹き飛ばしてほしい2頭、穴馬2頭、抑えの1頭を選んだ

  • 河合 力●文 text by Kawai Chikara
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

『BSイレブン競馬中継』(BS11)の土曜レギュラーやYouTubeチャンネルでの予想企画など、競馬方面でも大活躍しているモデル・タレントの高田秋さん。6月5日のGⅠ安田記念を前に、気になる馬を聞いてみた。

競馬番組などで活躍する高田秋さん競馬番組などで活躍する高田秋さん この記事に関連する写真を見る

GⅠの池添騎手は買え!

高田秋 上半期のGⅠも、残すところあと2レース。今年の平地GⅠは、いまだに1番人気が勝っていません。こんなことってあるんですね。

 比例するように馬券も難しい......(苦笑)。今週のGⅠ安田記念(東京・芝1600m)も混戦模様で、予想の難易度は高そうですね。でもなんとか当てたいと思います!

 さっそく気になる馬を挙げていきましょう。まず注目しているのがソングライン(牝4歳)です。

 私が予想するうえでいつも誓っているのが、「GⅠの池添騎手は買え!」。池添謙一騎手は、言うまでもなく大舞台に強いジョッキー。数々のGⅠを勝ってきましたし、大穴を持ってくるなど、勝負強さは屈指のものがあります。

 そんな池添騎手は、この春、GⅠで4着2回、5着3回。そろそろ馬券圏内(3着以内)に入る、あるいは白星を手にするタイミングではないでしょうか。

 お手馬のソングラインは、5着になったGⅠヴィクトリアマイル(5月15日/東京・芝1600m)からの参戦。中2週のローテーションです。

 近年の安田記念を見ると、「絶対的1番人気」がこのローテーションで敗れているんですよね。2020年のアーモンドアイ、2021年のグランアレグリアのことです(※ともに2着)。「逆風のデータ」であることは確かですね。

 ただ、ソングラインの前走は、3コーナーでつまづくなど、力を出しきれなかった様子。余力は残っていると思いますし、今回、海外帰り2戦目で状態が上がってくれば面白そう。池添騎手の勝負強さと相まって、嫌なデータも吹き飛ばしてくれると信じています。

この記事に関連する写真を見る