2021.12.25

ほのか、有馬記念は舞台適性を重視。エフフォーリア、タイトルホルダーは消して本命はGⅠ勝ちのない3歳馬

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野隆●撮影 photo by Sano Takashi

 いよいよ今年も有馬記念がやって来ました。

 2021年の私の予想は? というと......私が消した馬がことごとく来ていたので、あまり振り返りたくないですね。最近は「消しの女神」ではなく「逆・消しの女神」と言われ、私が消した馬から馬券を買って当てているファンの方もいるみたいで......(苦笑)。

 でも、先週の朝日杯フューチュリティSでは、本命、対抗で馬連をズバリ的中! 最後に調子が上がってきたので、ここでもしっかり当てて、1年を締めくくりたいと思います。

有馬記念の予想をしてくれたほのかさん有馬記念の予想をしてくれたほのかさん この記事に関連する写真を見る

【舞台適性を重視して予想】

 有馬記念の舞台は、中山の芝2500m。道中とラストの2度、急坂をクリアするタフさが求められ、同時にコーナー6回もありますから、器用さも問われます。今回は、そうした舞台適性を重視して予想しました。

 本命は、ステラヴェローチェです。

 過去の有馬記念では、菊花賞組がよく馬券に絡んでいます。この馬も、前走の菊花賞でメンバー最速の上がりをマークして4着と奮闘。加えて、前々走の神戸新聞杯では不良馬場で勝っていますから、スタミナやタフさは証明済みです。

 この時期の中山の芝コースは荒れていることが多いですが、バゴ産駒ですし、先述したとおり渋化馬場には実績があります。対応可能というか、この馬にとっては逆に好都合と言えるのではないでしょうか。

 過去、GⅠでは2着、3着、3着、4着と勝ちきれない印象が確かにありますが、今年の3歳世代は強いですし、レース間隔も十分。ここが勝負と見ています。

 対抗は、クロノジェネシスです。

 昨年のこのレースも勝っていますから、コース適性が高いのは間違いありません。宝塚記念も含め、2200m、2500mの非根幹距離に強く、とにかくこの舞台が合っています。

 馬場が悪くても問題ないですし、小回りが利く器用さもあります。私は今回、バゴ産駒のワンツーで決まる可能性が高いと見ています。

 気になるのは、凱旋門賞帰りであること。過去にも凱旋門賞帰りの有力馬が敗れていますし、今年の凱旋門賞は相当ハードな競馬になったので、その影響が心配されます。

 でも、現役屈指の実力馬クロノジェネシスなら、少なくとも馬券には絡んでくるはず! 印は対抗に下げましたが、その底力に期待しています。