2021.11.14

好調・美女馬券師が激戦のエリザベス女王杯を読み切った。「2強」の一角を崩すのは?

  • text by Morinaga Maaya

美女馬券師のGI最終決断
守永真彩~エリザベス女王杯編

もりなが・まあや/『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさんもりなが・まあや/『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさん この記事に関連する写真を見る ◎アカイトリノムスメ
◯ソフトフルート
▲レイパパレ
△ウインマリリン
△ウインキートス
△ステラリア
△ランブリングアレー
△テルツェット
△アカイイト
△リュヌルージュ

 守永真彩です。秋のGIシリーズも後半戦に突入! ここから12月28日のホープフルSまでノンストップで毎週GIレースが行なわれます。

 その幕開けはエリザベス女王杯(11月14日/阪神・芝2200m)。京都競馬場の改修工事のため、昨年同様、今年も阪神競馬場で開催されます。

 本命はアカイトリノムスメ。父ディープインパクト×母アパパネという"超"良血馬。前走のGI秋華賞(10月17日/阪神・芝2000m)は、GIオークス(2着。5月23日/東京・芝2400m)以来となる久々の実戦でしたが、見事に差し切って「牝馬三冠」最後の一冠を手にしました。

 今回は初の古馬との対戦となりますが、馬体に幅が出て上積みもあるとのことですし、強い3歳世代の代表として期待しています。しかも、同馬がエリザベス女王杯を勝つと、国枝栄調教師は牝馬GIレースを全制覇することに。その偉業を達成してほしいという気持ちもあります。