2021.11.13

横山ルリカが選んだエリザベス女王杯の本命は? 今回は「くる番」の超大穴にも注目

  • 土屋真光●構成 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組などで活躍する横山ルリカさん。3歳以上牝馬の頂点を決めるGIエリザベス女王杯(11月14日/阪神競馬場・芝2200m)について展望を聞いた。

競馬番組などで活躍する横山ルリカさん競馬番組などで活躍する横山ルリカさん この記事に関連する写真を見る  昨年のエリザベス女王杯は、1着ラッキーライラック、2着サラキア、3着ラヴズオンリーユーと、今になって思い返せばかなりの好メンバーでした。今年のレースはレイパパレ(牝4歳)が古馬の大将格で、挑む3歳馬の筆頭格がアカイトリノムスメ(牝3歳)という「古馬vs3歳」という様相だと思います。この秋は、3歳馬が古馬に勝っているシーンが多いですし、1番人気はアカイトリノムスメになりそうな気がしています。

 データ的には、このレースは5年連続で外国人騎手が勝っていて、さらにミルコ・デムーロ騎手は5年連続で馬券に絡んでいるんですよね。あと、関西馬が強いイメージですが、GI菊花賞でタイトルホルダー、GI天皇賞・秋でエフフォーリアが勝ったように、今秋はそのデータを関東馬が崩す傾向があるように思えます。

 また、その年のGIオークスで連対している馬はモズカッチャン(2017年オークス2着、エリザベス女王杯1着)やメイショウマンボ(2013年オークス、エリザベス女王杯ともに1着)のように相性がいいですし、秋華賞も3着以内という馬は馬券的には100%来るんです。アカイトリノムスメは今年のオークス2着でこのデータにも当てはまります。距離が延びるのもいいですし、阪神の内回りはGI秋華賞で勝っています。心配があるとすれば、短期間に2回の美浦から阪神への輸送。秋華賞が春からのぶっつけで、1回使ってからの上積みがあるという面からも、本命候補の1頭に入れます。

 このレースと相性のいいデムーロ騎手が騎乗するテルツェット(牝4歳)も本命候補の1頭です。デムーロ騎手については、5番人気以内になった時は、パーフェクトで馬券圏内に来て、2桁人気だと圏外の傾向です。なので、5番人気以内になんとかなってほしいです(笑)。先週、アメリカでGIを勝ったラヴズオンリーユーが叔母さんにあたるので、その活躍によって単勝人気も上がるかな。必ずしまいにいい脚を使うので、初の距離は問題なさそうですし、高速馬場よりはちょっと上がりがかかる馬場や内回りのほうが向いているとも思います。直線での爆発力はすごいものがあって、レイパパレやロザムール(牝5歳)がガンガン前でいくようであれば、決め手のある馬がズドンと差してくると思います。前走のクイーンSも同じコーナー4回でしたし、いい臨戦過程で臨めそうです。