2021.11.14

兄妹、同日勝利となるか。グレナディアガーズの妹・アストロフィライトは期待大の血統馬

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第25回:アストロフィライト

 昨年末に行なわれた2歳GIの朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)は、7番人気のグレナディアガーズが好位から早めに抜け出して快勝。戦前の低評価に反発するかのように、レースレコードをマークする圧巻の走りを見せて、実力の高さを存分に示した。

 あれからおよそ1年、そのグレナディアガーズの妹がデビューの時を迎えようとしている。栗東トレセンの中内田充正厩舎に所属するアストロフィライト (牝2歳/父ディープインパクト)である。

昨年の朝日杯FSを制したグレナディアガーズの妹、アストロフィライト昨年の朝日杯FSを制したグレナディアガーズの妹、アストロフィライト この記事に関連する写真を見る  すでに兄の活躍で証明されているが、同馬は世界を代表するスピード血統にある。なにしろ、母はアメリカの短距離重賞戦線で奮闘してきたウェイヴェルアベニュー。2015年にはGIブリーダーズカップフィリー&メアスプリント(アメリカ・ダート1400m)で戴冠を果たしている名牝だ。

 彼女は引退後、日本で繁殖生活を送るようになって、最初に産んだのがグレナディアガーズ。その活躍は冒頭で記したとおりだが、今後も短距離、マイル路線での躍動が期待される逸材だ。

 アストロフィライトはその妹ゆえ、早くから関心を寄せられるのは当然のこと。さらに、父フランケルの兄から、同馬の父はディープインパクトに変わったことで、一段と注目度が増している。