2021.05.28

横山ルリカはダービーでエフフォーリアを不安視。本命や大穴と考えているのは?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組などで活躍する横山ルリカさんに、3歳馬の挑戦を争うGI日本ダービー(5月30日/東京競馬場・芝2400m)について展望を聞いた。

日本ダービーの注目馬について語った横山ルリカさん日本ダービーの注目馬について語った横山ルリカさん この記事に関連する写真を見る  ダノンザキッド(牡3歳)が昨年12月のGIホープフルS(中山・芝2000m)で勝った時には、この世代はダノンザキッドが強い競馬を見せていくのだろうと思いました。しかし、4月のGI皐月賞(中山・芝2000m)はエフフォーリア(牡3歳)が無敗で制し、今週の日本ダービーでは3月のGⅢ毎日杯(阪神・芝1800m)組が伏兵として注目されています。さらに牝馬のサトノレイナス(牝3歳)の参戦で華やかさも増しましたね。

 今回のダービーでは、「ノーチャンス」といえる馬が1頭もいないと思います。どの馬も一発を秘めています。荒れるレースも多いダービーで、気になる馬を挙げると、キリがありませんね...。それでも何頭かにしぼって挙げていきたいと思います。

 まず、考えたいのが注目馬のエフフォーリアの取捨選択について。馬格があって中山より東京向きといわれていて、ダービーの舞台も向いているはず。能力も高いと思います。ただ、今回はびっしりとマークされる立場になってどういう競馬になるかなと、心配も残ります。

 先週のGIオークス(東京・芝2400m)では、距離不安がささやかれていた中、抜けた1番人気だったソダシ(牝3歳)がきついマークにあって負けてしまいました。それを見ているので、エフフォーリアも同じようにマークされた時、一抹の不安はあります。ダービーで断然の1番人気は、見ている以上に乗っている側は苦しく、簡単ではないと思います。それから皐月賞は、エフフォーリアを含めてインを回った馬がそれぞれ上位に来ました。そうすると、外を回した組の巻き返しもあるかもしれません。