2021.04.04

スターホースの躍動に確信抱いた大阪杯。美女馬券師は強気に3連単12点勝負

  • text by Morinaga Maaya

美女馬券師のGI最終決断
守永真彩~大阪杯編

もりなが・まあや/『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさん◎コントレイル
◯グランアレグリア
▲アドマイヤビルゴ
△レイパパレ
△サリオス
△ブラヴァス
△ペルシアンナイト
△ワグネリアン

 守永真彩です。前回予想したスプリングSでは、1着が対抗のヴィクティファルス、3着が本命のボーデンでしたが、2着のアサマノイタズラ(鞍上・嶋田純次騎手)がヌケてしまい......。馬券は外れてしまいました。

 最近は横山武史騎手しかり、若手の台頭が目立つなぁ〜とあらためて思ったのですが......。ん!? 嶋田純次騎手ってもうデビュー11年目!?

 私が美浦トレセンでインタビューしたのは、まだ新人騎手の時だったので、その頃のイメージが抜け切れていませんでした(汗)。時の流れの早さを感じます。

「まあやたん、ちゃんと馬券に入れなきゃダメだってぇ~!」と、嶋田騎手に怒られちゃいますね(私、嶋田騎手には「まあやたん」と呼ばれています(笑))。

 時の流れの早さと言えば、競馬業界を常に先頭で引っ張ってきた名伯楽、藤沢和雄調教師が今年度で引退となります。藤沢厩舎の馬房には、部屋ごとにGIを勝った管理馬の名前の"名札"が掲げられているんです。

 タイキシャトル、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ......それはもう壮観です!(現在もあるかはわかりませんが、私が取材していた頃は、オシャレに名前が彫られた鉄のチャームが掲げられていました)