2021.04.04

桜花賞で一発狙うソングライン。「波乱を呼ぶ」池添騎手と強力タッグ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

2021年クラシック候補たち
第14回:ソングライン

 牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(阪神・芝1600m)がいよいよ4月11日に行なわれる。

 昨年末のGIジュベナイルフィリーズ(12月13日/阪神・芝1600m)の上位勢をはじめ、直前の桜花賞トライアルで好走した面々が有力候補に挙げられているが、それ以外のステップレースで結果を残してきた馬の中にも注目馬がいる。

 美浦トレセンの林徹厩舎に所属するソングライン(牝3歳/父キズナ)もその1頭だ。

桜花賞ではダークホース的な存在として注目されるソングライン 昨夏の2歳新馬(6月20日/東京・芝1400m)でデビューした同馬。やや鈍い出足となって、道中は馬群の後方を追走。4角手前からまくり気味に上がっていって、直線大外から追い込むが2着に敗れた。

 その後、放牧に出てじっくりと休養。この間にしっかりと成長し、約5カ月ぶりに臨んだ2歳未勝利戦(11月22日/東京・芝1600m)では鮮やかな勝利を飾った。

 馬体重が初陣から14kg増加。パワーアップした体つきで、迫力のあるレースぶりを披露した。中団やや後方に構え、直線を迎えて再び外から豪快な末脚を炸裂させる。残り200mを切ってから一段と加速すると、ライバルたちを蹴散らしてそのまま突き抜けた。

 3戦目は、年明けにリステッド競走の紅梅S(1月16日/中京・芝1400m)に挑んだ。同レースでは3、4番手の好位を追走し、直線でも過去2戦とは違って馬群の間を割って抜け出してきた。

 先頭に立つと、あとは一気に後続を突き放してゴール板をトップで通過。2着以下に3馬身差をつける圧勝劇を演じた。