2021.04.03

ほのかが予想する大阪杯。「2強」以外で注目している馬は?

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 今年も春のGIシリーズがスタートしました。これからどんなすごいレースが見られるのか、本当に楽しみです。

 昨年の私の馬券予想を振り返ってみると、春はまさに絶好調! スポーツ紙で予想させてもらったGI8戦中5勝。自分でもビックリの的中率の高さでした。

GⅠ大阪杯の予想をしてくれたほのかさん

 なかでも、会心の予想を選ぶとしたら......、11番人気のスティッフェリオが2着に入った天皇賞・春か、9番人気のラウダシオンが勝ったNHKマイルCかな。いや、7番人気のウインマリリンが2着、13番人気のウインマイティーが3着に入ったオークスもうれしかったし、12番人気のモズベッロが3着に入った宝塚記念も......。いずれにしろ、ひとつに絞れないくらい大的中の連続でした(笑)。

 やっぱり自分が予想した人気薄の馬が馬券に絡んだ時は、気持ちいいですよね。

 ところが、です。「このままの勢いで当て続けるぞ!」と意気込んで臨んだ秋のGIシリーズはさっぱり......。まったく当たりませんでした(涙)。そして最近の成績も、う~ん......といった感じです(苦笑)。

 私の馬券の買い方は、ワイドと三連複が基本。ワイドではいくつか当たっているので、的中していると言えば的中しているのですが、予想した馬が1~3着にすべて来ているわけではないので、三連複は当たらず、素直に喜べません。

 そんな状況ですから、この春は巻き返しを誓っています!

 私の予想は通常、過去5年の同レースの結果を参考にして、自分なりに条件を設定。それに当てはまらない馬を消していく――いわば、過去データを重視した消去法です。人気馬をバッサリと消し、そのうえで一攫千金狙いの穴馬を探します。

 そういった予想方法から、昨春は予想させてもらったスポーツ紙で的中を重ね、「消しの女神」といった称号をいただきました。それが、秋になってからは消した馬が来るという悪循環に......。

 ですから今春は、その称号にふさわしい結果を残して、改めて「消しの女神」として認められることが大きな目標のひとつです。