2020.12.25

横山ルリカ、有馬記念の本命は?カギを握るのは「キセキ」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組などで活躍する横山ルリカさんに、2020年中央競馬の総決算である、GI有馬記念(12月27日/中山競馬場・芝2500m)について展望を聞いた。

競馬番組などで活躍する横山ルリカさん。有馬記念の予想は? GIジャパンカップ(東京・芝2400m)で感動的なレースをしたアーモンドアイ(牝5歳)、コントレイル(牡3歳)、デアリングタクト(牡3歳)のいわゆる「3強」は今回不在。しかし、昨年の有馬記念を制したリスグラシューを彷彿させるGI宝塚記念(阪神・芝2200m)の勝ち馬クロノジェネシス(牝4歳)、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)を連覇して牡馬の総大将としてGI4勝目がかかるフィエールマン(牡5歳)に加え、勝てば今年5頭目となる年間GI3勝目でしかも引退レースとなるラッキーライラック(牡5歳)が出走します。この他のメンバーも豪華で、話題には事欠かないですね。

 カギとなるのは、キセキ(牡6歳)だと考えています。いろいろと噛み合った時は本当に強いと思いますが、ジャパンカップではかなりのハイペースで逃げたことを考慮すると、今回のレースはどういうペースで、どこで息を入れるのだろう、と。さらに逃げ馬のバビット(牡3歳)もいるので、キセキが控えなければ、ハイペースになるのではないでしょうか。それによって、利がある馬がいると思います。

 本命候補は、サンデーサラブレッドクラブの馬ですね。今年だけでいくつ勝ったかわからないですが、もう一丁いけると思います。人気馬ですが、同クラブ所属のフィエールマンとクロノジェネシスの2頭を考えています。

 フィエールマンの天皇賞・春の連覇は、有馬記念もしっかり走れるスタミナがあることの裏付けだと思います。前走のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)は、スタートで接触する不利がありながら、1着のアーモンドアイをかなり追い詰めました。中距離でもあれだけのキレを見せられて、力があるんだなとあらためて感じました。