2020.11.29

叶わなかった兄たちの夢。その実現を託された良血マンインザミラー

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 実はマンインザミラーにはもう1頭、シルバーステートと同じような悲劇に見舞われた兄がいる。ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト)である。

 同馬は脚部不安によって、わずか2戦で競走生活を終えてしまったが、デビュー戦で、のちにGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制するワグネリアンとハナ差の激戦を繰り広げた。続く未勝利戦では、後続に4馬身差をつける大勝。ゆえに、同馬についても「無事だったら......」と思いを募らすファンがたくさんいる。

 まさにマンインザミラーは、それら兄たちが果たせなかった夢を託された存在である。その分、多くのファンや関係者も期待を寄せているが、実際に同馬に携わるスタッフの評価はどんなものだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「マンインザミラーは、一度入厩してゲート試験を受けたのみ。その後は、放牧に出ている状況です。スタッフは『まだ基礎体力をつける段階』と話しています。それでも、『雰囲気は悪くない』とのこと。『気性もマジメ』との評価でした」

 デビューへ向けてのスケジュールや距離適性については、こんな話が聞かれたという。トラックマンが続ける。

「デビューの目処は、まだ具体的には立っていないようで『これから入厩して、速い時計を出しながら能力を確かめたい』とのことでした。距離に関しては『1800m~2000mぐらいの中距離タイプではないか』と、スタッフは話していました」

 デビュー戦を迎えるまで、もう少し時間がかかりそうだが、その血筋からして、初陣でどんな走りを見せてくれるのか、楽しみでならない。その後、兄たちが果たせなかったクラシックの舞台に立つことができるのか、マンインザミラーの動向から目が離せない。