2020.11.13

横山ルリカ、エリザベス女王杯で絶対外せない馬は?コース適性にも注目

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組などで活躍する横山ルリカさんに、11月15日に阪神競馬場で開催される3歳以上牝馬の戦い・GⅠエリザベス女王杯(芝2200m)について展望を聞いた。

競馬番組などで活躍する横山ルリカさん 
まず今年のエリザベス女王杯のポイントは、例年の京都競馬場ではなく阪神競馬場で開催される点ではないでしょうか。阪神に変わったことで、パフォーマンスが上がる馬もきっといると思います。そのため、いろいろ調べてきた例年の京都開催のデータがあてになりませんね。

 例えば、このレースはリピーターの好成績が顕著で、GⅡ府中牝馬S(東京/芝1800m)組のワンツーフィニッシュが過去10年で5回もあるというデータがあるのですが、コースが変わってしまうので......(苦笑)。

 ただし、年齢的なデータは競馬場が変わっても共通すると思います。過去のエリザベス女王杯では、4歳馬が一番強くて、それから3歳、5歳という順になっています。

 昨年優勝して連覇を狙うラッキーライラック(牝5歳)は、以前は先行して抜け出す感じの走りだったですが、去年のレースではインから差した勝利でした。そこからひと皮剥けた印象で、その後の香港ヴァーズ(沙田/芝2400m)やGⅠ大阪杯(阪神/芝2000m)で強さを見せ、良馬場の阪神に変わること自体はむしろいいのではないかと思います。