2020.11.07

アルゼンチン共和国杯は穴党記者が
状態を吟味して選んだ4頭に妙味あり

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 秋のGIシリーズが中休みとなる今週、関東では伝統のハンデ重賞、GIIアルゼンチン共和国杯(11月8日/東京・芝2500m)が行なわれる。

 過去10年の成績を見てみると、1番人気が3勝、2着2回、3着1回、2番人気が4勝、2着1回、3番人気が2勝、2着1回、3着5回と、上位人気が安定して結果を残しており、ハンデ戦のわりには比較的順当な決着に終わっていることが多い。そのため、3連単では4万円を超える好配当はしばしば生まれているが、10万円を超えるような高額配当は一度も出ていない。

 そういう意味では、馬券的には人気馬を絡めた"中穴狙い"が妥当と言えるだろう。では、どういった馬が狙い目となるのか。日刊スポーツの松田直樹記者はこう語る。

「アルゼンチン共和国杯は、ハンデ戦のわりには軽量馬の激走が意外と少ないんです。ですから、ハンデに惑わされることなく、現在の調子や将来性を重視すべきでしょう。トップハンデの馬が苦戦する傾向は確かにありますが、2010年のトーセンジョーダン、2015年のゴールドアクター、2016年のシュヴァルグラン、2017年のスワーヴリチャードなど、のちにGI馬となっていく馬が次々に勝利を飾っていますからね。今年も調子のいい実力馬を狙うのが、馬券的中、さらには好配当への近道だと思います」

アルゼンチン共和国杯での巻き返しが期待されるオセアグレイト そこで、松田記者が穴馬候補として推すのは、今回と同条件で行なわれた今春のGII目黒記念(5月31日/東京・芝2500m)で2番人気(6着)に推されたオセアグレイト(牡4歳)だ。