2020.10.28

GIシーズンになると思い出す、
哀感の「シルバーコレクター」たち

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 秋のGIシリーズが佳境に入ってくると、ふと"敗者"たちを思い出すことがある。とりわけ印象深いのは、GIの栄誉にあと一歩まで迫りながらも、2着続きで「シルバーコレクター」といった、あまりありがたくない愛称で呼ばれた馬たちだ。

 常に"あと一歩"。だが、彼らにはその"一歩"が遠いのだ。

 そして、その存在はいつしか、掲示板にも載れなかった馬やふた桁着順に沈んだ馬たちと同じく、おびただしい"敗者のカタマリ"の中に取り込まれ、やがて忘れ去られていく。

 だが、彼らの中には、その"詰めが甘い"というキャラゆえ、多くのファンに愛された馬もいる。そんな「シルバーコレクター」たちに、思いを馳せてみたい。

 記憶にも、記録にも残って、ピカイチの愛されキャラとなった「シルバーコレクター」と言えば、ステイゴールドだろう。

 1997年の秋から2000年の春まで、28連敗という"大記録"を残している。

 その間、掲示板に載ったのは22回。そのうち、2着が10回もある。しかも、重賞での2着が7回。GIだけでも4回ある。

 要するに、どんなに強い相手と戦っても、それらより明らかに弱い相手と戦っても、いつも2着止まりなのだ。

 これには、多分に"気の悪さ"が災いしていたらしい。

 レース中でも、近づいてきた馬に噛みつきにいったりしたそうだ。その気性の激しさが、レースへの集中力を削いでしまったのだろう。

 ステイゴールドの連敗が止まったのは、2000年5月。雨の東京競馬場で行なわれたGII目黒記念(芝2500m)だった。

 連敗に終止符を打つべく陣営が打った一手は、主戦の熊沢重文騎手から「天才」の名を欲しいままにしていた武豊騎手への乗り替わりだった。そして、この一手がズバリと当たる。