2020.10.26

コントレイルが無敗の三冠馬に。
宿敵ルメールの戦術に引き出された本気

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 やはり競馬には、名脇役が必要だ。

 牡馬クラシック最後の一冠、GI菊花賞(10月25日/京都・芝3000m)を見て、しみじみそう思うった。

 4角手前で、単勝1.1倍の大本命コントレイルが馬群から抜け出しを図った時、見ていた人の多くは、これまでと同じく「あとは(馬群を)突き放すだけ」と思ったに違いない。

 しかし、無敗の三冠がかかった今回は、そう簡単にはいかなかった。

 クリストフ・ルメール騎手騎乗のアリストテレスが道中、コントレイルをずっとマークするような形で走っていた。直線に入っても、まるでコバンザメのように馬体を接して追いかけてきたのだ。

 コントレイルの手綱をとる福永祐一騎手は、追いすがるアリストテレスを何度となく引き離そうとするが、一向にその差は開かない。福永騎手が追えば、ルメール騎手はさらに執拗に馬体を合わせてくる。

 これには、福永騎手も冷や汗ものだったようだ。レース後の勝利ジョッキーインタビューでこう語っている。

「最後は相手の脚色がよかったので、『何とか凌いでくれ』と懸命に追っていました」

白熱の菊花賞。コントレイルがアリストテレスをクビ差抑えて三冠を遂げた