2020.10.21

菊花賞で無敗の三冠に挑む
コントレイルに、本当に敵はいないのか?

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 レース本番を前にして、東西のトレセンでは早くも"お手上げ"ムードが高まっている。

 10月25日に行なわれる3歳牡馬クラシック最後の一戦、GI菊花賞(京都・芝3000m)の話だ。大本命コントレイル(牡3歳)の強さに対して、ライバル陣営は戦意喪失状態にあるという。

三冠達成へ、順調に調整を重ねているコントレイル「菊花賞は3000mの長丁場。それだけの距離があれば、道中何があるかわからない」

 前哨戦のGII神戸新聞杯(9月27日/中京・芝2200m)の前には、そう語る陣営もあったそうだ。だが、神戸新聞杯が終わるや、そんな声は途端に消えた。

 コントレイルが余りにも強かったからだ。

 スタートからゴールまで、鞍上の福永祐一騎手の手綱はほとんど動かなかった。道中は馬込みのインで、やや窮屈そうな感じに見えたが、コントレイルは苦しい素振りなどまったく見せなかった。

 直線を向いて、福永騎手の手がわずかに動いたが、ムチを入れるようなことは一切なかった。それでも、馬群にわずかな隙間を見つけるや、馬なりで難なく抜け出してきた。

 結果は、後続に2馬身差をつけての完勝だ。この、能力の違いを見せつけるようなコントレイルのレースぶりが、ライバルたちを黙らせたのだ。関西の競馬専門紙記者が語る。