2020.05.25

デアリングタクト、格安牝馬の逆襲。
騎手との信頼関係で無敗の二冠達成

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 無敗の二冠牝馬が63年ぶりに誕生した。

 5月24日、東京競馬場で行なわれた3歳牝馬限定のGIオークス(芝2400m)。断然の1番人気に推された桜花賞馬デアリングタクトが、見事人気に応えて同レースを快勝した。

 これで、4戦4勝。デビューから土つかずの二冠達成は、1957年のミスオンワード以来の快挙である。

オークスを制して、二冠目を手にしたデアリングタクト 終わってみれば、GI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)と同様、デアリングタクトの強さばかりが目立った。

「このメンバーでは、二枚も三枚も力が違っていた」

 レース後、ある競馬関係者はそう言って唸った。

 ただそれは、結果がわかっているから言えることで、デアリングタクトが実際に先頭でゴール板を駆け抜けるまでは、ハラハラするシーンが二度、三度、見られた。

 レース前の激しい発汗しかり、最初のコーナー手前で首を上下に激しく振って、位置取りを下げた際もハッとした。さらに、最後の直線で馬群に包まれて、完全に行き場を失った時もそうだ。

 だが、そんなハラハラドキドキが何度かあった分、馬群のわずかな隙間を突いて、そこから切り裂くように抜けてきた時は、感動すら覚えた。