2020.05.26

注目の頂上決戦。ダービーの
勝敗を見極める「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 春競馬のクライマックス、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)がいよいよ間近に迫ってきた。

 その大一番の前に行なわれた3歳牡馬クラシック第1弾、GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)は、GIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)を勝った”2歳王者”コントレイル(牡3歳/父ディープインパクト)が、1番人気に応えて鮮やかな勝利を飾った。

皐月賞はサリオス(左)とのマッチレースを制したコントレイル(右)が勝利した 序盤は後方に待機していたコントレイル。3コーナー過ぎから徐々に進出していって、直線ではGI朝日杯フューチュリティS(12月15日/阪神・芝1600m)の覇者サリオス(牡3歳/父ハーツクライ)と一騎打ちを演じた。熾烈な叩き合いとなったが、最後はコントレイルが半馬身差前に出てフィニッシュ。見事に無敗対決を制して、一冠目を手にした。

 一方、ダービー出走を賭けたステップレースでは、GII青葉賞(5月2日/東京・芝2400m)をオーソリティ(牡3歳/父オルフェーヴル)が、GII京都新聞杯(5月9日/京都・芝2200m)をディープボンド(牡3歳/父キズナ)が、そしてオープン特別のプリンシパルS(5月9日/東京・芝2000m)をビターエンダー(牡3歳/父オルフェーヴル)が勝利。いずれも、コントレイルとは勝負づけが終わっている面々で、これといった新興勢力の登場は見られなかった。

 今回はこれらの結果を受けて、ダービーに向けての『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今回は日本ダービーに出走予定の3歳牡馬の実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。