2020.05.02

「荒れる」天皇賞・春で穴馬2頭を厳選。
うち1頭の秘策が炸裂の予感

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今週から始まるGI6週連続開催。そのトップを飾るのは、古馬の「最強ステイヤー決定戦」となる天皇賞・春(5月3日/京都・芝3200m)だ。

 長距離戦と言えば、実力差が出やすいため、馬券的には"堅い"というのがかつての定番だった。しかし、ここ最近は然(さ)にあらず。天皇賞・春の過去10年の結果を見ても、1番人気は2勝、2着1回、3着0回、着外7回という有り様で、3連単は10年中7回も10万円超えの高配当となっている。そのうち、2012年は145万2520円という超高配当が飛び出した。

 こうした状況を鑑(かんが)みれば、一発"長打"を狙っていきたいレースと言える。実際、日刊スポーツの太田尚樹記者もこう語る。

「過去3年こそ1番人気が連対していますが、その前の3年はふた桁人気の馬が馬券(3着以内)で絡んでいて、1番人気はさっぱり。こうしたレース傾向を考えれば、今年もひと筋縄ではいかないと踏んでいます。

 とりわけ今回は、近走が冴えない実績馬が多く、上り調子の馬にしても、GIの舞台で好走できるかどうか、疑問符がつきます。そういう意味では、穴馬が台頭する可能性は大いにあり得ます」

 そして、デイリー馬三郎の木村拓人記者も、実績馬や人気馬に疑問の目を向けて、波乱ムードを匂わせる。

「まず注視したいのは、今回の出走馬の中に『ステイヤーはいるか?』という点です。

 メンバーの顔ぶれからして、大きく崩れることがなく、一番計算できる馬と言えば、昨年の覇者であるフィエールマン(牡5歳)。一見、同馬の相手探しのようなレースに見えますが、この馬にしても、『ステイヤーか?』というと、そうでもありません。今の時代、長い距離への適性がそこまでなくても、3000mぐらいの距離なら、こなせてしまうことが多いんです。