2020.05.03

「6億円馬」アドマイヤビルゴが
ダービーの前哨戦で見せる真骨頂

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2020年クラシック候補たち
第14回:アドマイヤビルゴ

 3歳牡馬クラシックは第1弾のGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)が終了。次なる戦いは、競馬界最高峰の舞台となるGI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)だ。

 同舞台に向けて、出走各馬が調整を重ねるなか、これから前哨戦やトライアルに臨む馬もいる。その中で、とりわけ注目を集めているのが、栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するアドマイヤビルゴ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

次戦は京都新聞杯に挑むアドマイヤビルゴ そもそも同馬は、デビュー前から脚光を浴びていた。2017年、競走馬のセリ市「セレクトセール」において、5億8000万円(税別)という高額で落札されたからだ。同セールの当歳馬部門では、史上2番目の高値だった。

 それほどの高値がついたのは、母がフランスのGI1000ギニー(フランス・芝1600m)を制したイルーシヴウェーヴで、父が偉大なる種牡馬ディープインパクトであるからだろう。

 そんなアドマイヤビルゴは、ここまで評判馬にふさわしい走りをターフで見せている。

 デビュー戦は、年明けの3歳新馬(1月19日/京都・芝1800m)だった。スタート後、そつなく2番手をキープ。うまく折り合って直線を迎えると、外目に出して一気に仕掛けた。そのまま先頭に立ち、後続の追撃も難なく振り切って初陣を飾った。