2020.01.26

良血ヴェルズネイ。「走る馬特有の
バネがある」と名門厩舎が高評価

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

厳選!新馬情報局(2020年版)
第36回:ヴェルズネイ

 関東の名門厩舎として知られる、美浦トレセンの堀宣行厩舎。同調教師はこれまでに、最多勝利調教師(2015年)、最高勝率調教師(2011年、2015年、2016年)、最多賞金獲得調教師(2016年)といったタイトルを獲得し、ドゥラメンテやモーリスなど、数多くの名馬を育ててきた名トレーナーだ。

 そんな堀厩舎からまた、将来を嘱望される若駒がデビューを迎えようとしている。ヴェルズネイ(牝3歳/父ディープインパクト)である。

 同馬が大きな期待を集めるのは、何より母がアメリカのGIを複数制した名牝、シャンパンドーロだからだ。

 シャンパンドーロは、2009年にデビュー。翌年の未勝利で初勝利を挙げるまでに7戦を要したが、同年のGIエイコーンS(アメリカ・ダート1600m)で低評価を覆して見事な勝利を飾った。

 さらにその後、GIプライオレスS(アメリカ・ダート1200m)で2着と好走すると、続くGIテストS(アメリカ・ダート1400m)を圧勝。ふたつ目のGIタイトルを手にした。

 以降も、勝ち星こそ挙げられなかったものの、重賞戦線で奮闘。2012年に引退し、日本の社台ファームで繁殖入りした。

ヴェルズネイのひとつ上の兄キスラー そして、これまでに3頭の子が日本でデビュー。いずれもデビュー前から注目され、競走馬のセリ市「セレクトセール」で、高値で取引されてきた。ヴェルズネイのひとつ上の兄キスラー(牡4歳/父ディープインパクト)も、1億9500万円(税別)の高値で落札されている。

 そのキスラーは、デビュー戦を快勝。その後は、なかなか勝ち切れずにいるが、まだまだ飛躍の可能性を秘めている素質馬だ。

 また、2014年生まれのフォギーナイト(牡6歳/父タピット)も、ダート戦線で活躍。現在4勝を挙げて、さらなる躍進が期待される。