2019.10.04

毎日王冠の狙いは2頭が中心。
逃げる「紅一点」馬か追う3歳有力馬だ

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Ito Yasuo/AFLO

 10月6日、東京競馬場でGⅡ毎日王冠(芝1800m)が行なわれる。このレースは、10月27日に行なわれるGⅠ天皇賞・秋(東京・芝2000m)の前哨戦として歴史のあるレース。近年は前哨戦に出走せず、秋初戦で天皇賞・秋に出走する馬も多いが、今年はNHKマイルC勝ち馬のアエロリットとケイアイノーテック、安田記念勝ち馬のインディチャンプとモズアスコット、マイルチャンピオンシップ勝ち馬のペルシアンナイトと、5頭のGⅠホースが出走。かなりハイレベルな争いになりそうだ。

 そんな今年の毎日王冠で狙いたいのは、紅一点のアエロリット(牝5歳/美浦・菊沢隆徳厩舎)だ。

前走の安田記念で2着と好走したアエロリット 同馬は昨年の同レース勝ち馬。そのレースでは1000m通過を59秒0のマイペースで逃げ、最終タイムは1分44秒5という、レース史上歴代3位、コースレコードまでわずか0秒3差の好タイムで勝利している。今年は安田記念2着から約4カ月ぶりの出走となるが、このローテーションは昨年と同じ。ヴィクトリアマイルで敗れ(昨年4着、今年5着)、安田記念2着からの臨戦過程まで昨年と同じとなる。

 アエロリットは1600mのNHKマイルCを勝っているが、ベスト距離は1800mと見ている。逃げか2~3番手で競馬を進めたい同馬にとっては、1600mよりペースが速くなりにくい1800mのほうがリズムが合うからだ。

 1800mでは3戦しているが、3歳時のGⅢクイーンS(札幌)ではトーセンビクトリーに2馬身半差をつけて完勝。昨年の中山記念(中山)では2番手からの競馬で、今年の香港GⅠクイーンエリザベス2世Cを勝った、ウインブライトからクビ差の2着に入っている。3戦2勝、僅差の2着1回という安定した成績だ。

 しかし過去の優勝馬を見ていくと、少し気になるデータも。このレースが1800mで施行されるようになったのは1984年からだが、牝馬の優勝は4回あるものの、すべて4歳馬だった。5歳馬は9頭が出走しているが、2着が3回。GI6勝を挙げ、単勝1.3倍の圧倒的人気だった2009年のウオッカも、カンパニーから1馬身差の2着に敗れている。

 ただ、ウオッカはそれまでに23戦のキャリアを重ねていた。アエロリットはこれまで16戦と、比較的少ないキャリアで消耗も大きくないと思われるので、それほど大きなマイナス要因と考える必要はないだろう。近年は調教技術の進化とともに高齢馬の活躍も増えてきており、馬齢については過去のデータを気にしすぎないほうがいいのかもしれない。