2019.04.10

アンカツ自信の「3歳牡馬番付」。
皐月賞、ダービーの結果が見えた

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 3歳牝馬クラシック第1弾の桜花賞が終了。今週は3歳牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)が行なわれるが、正直、その行方はさっぱり読めない。

 なにしろ、年明けの前哨戦では波乱が続出し、有力視されていた素質馬たちがことごとく馬群に沈んでいったからだ。そのうえ、昨年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)を勝って、1番人気が予想されるサートゥルナーリア(牡3歳)も、同レース以来のぶっつけで皐月賞に挑んでくる。およそ3カ月半ぶりの競馬で、本来の力が発揮できるのか、不安は尽きない。

1番人気が予想されるサートゥルナーリア ここまで未対戦の馬も多く、とにかく実力比較が難しい3歳牡馬戦線。こうなったら、もはやプロの目に頼るしかないだろう。

 ということで、今回も競走馬の分析に長(た)けた元ジョッキーの安藤勝己氏に3歳牡馬の実力診断を依頼。間近に迫った皐月賞、さらには競馬界最高峰の舞台となる日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)に向けて、どの馬が有望か検証してもらい、独自の視点による「3歳牡馬番付」を選定してもらった――。