2019.03.02

穴党記者の意見が一致。弥生賞は
中山向きの血を持つ2頭でウハウハだ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3歳クラシックのトライアル戦がいよいよスタート。今週末、関東ではGII弥生賞(3月3日/中山・芝2000m)が行なわれる。

 牡馬三冠レースの初戦、GI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)への優先出走権(3着まで)が与えられ、同レースはもちろん、牡馬クラシック第2弾のGI日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)を占ううえでも、重要な一戦となる。

 実際、過去10年の勝ち馬から2頭のダービー馬、1頭の皐月賞馬が誕生し、他に3頭がどちらかのレースで馬券に絡んでいる。さらに、2着馬からも2頭のダービー馬が生まれていることから、レースの重要度の高さが推し量れるだろう。

 その分、人気馬がきちんと力を発揮するレースでもある。過去10年で1番人気は6勝、2着1回、3着0回、着外3回と、安定した成績を残している。また、3連単の配当も過去10年で4回は1万円未満の低配当となっており、一見すると穴党の出番はないように見える。

 しかし一方で、3連単で10万円を超える好配当決着が3度あった。そのうちのひとつ、2013年のレースではのちのダービー1、2着馬が苦杯を舐め、3連単は46万1810円の高配当をつけた。

 出走するのは若き3歳馬である。”荒れる”要素は十分にあるのだ。しかも、今年は昨年のダノンプレミアムのような、断然の存在がいない。ゆえに、日刊スポーツの太田尚樹記者は波乱の目もあるという。

「今年もなかなかの好メンバーが集まりましたが、ダノンプレミアムやワグネリアンがいた昨年に比べると……という印象があります。そういう意味では、伏兵馬の台頭も十分に考えられるのではないでしょうか」