2019.01.04

明け4歳世代がやっぱ強いのか。
東西の金杯でおいしく乾杯できる4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 2019年の競馬シーンが幕を開ける。

 開幕を飾るのは、今年も東西の金杯だ。この1年の”競馬運”を占ううえでも、見事に的中させて幸先のいいスタートを切りたいところだ。

 まずは、関東で開催されるGIII中山金杯(1月5日/中山・芝2000m)。過去10年間で1番人気は4勝、2着1回、3着3回、着外2回と、馬券圏内(3着以内)に絡んでくる確率はかなり高い。それでも、2009年、2010年には3連単の配当が20万円超えを記録するなど、好配当が生まれるケースも多く、穴党にとっては楽しみなレースである。

 しかも、デイリー馬三郎の木村拓人記者によれば、「少し様相が違う」という今年は例年以上に波乱含みだという。

「(過去、安定した成績を残している)1番人気がどの馬になるのか、正直、見当がつかないからです。登録メンバーを見ても皆、そこそこ実績があって、ハンデもそれなりに背負っていますしね。

 そうなると、各紙、印が分かれると思うので、当日は意外な馬が人気になる可能性もあります。それだけ人気が分散されれば、どの馬が来ても、好配当が見込めるのではないでしょうか」

 実際、重賞戦線で安定した実績を残している馬が顔をそろえ、勢いのある上がり馬や、生きのいい明け4歳馬、さらに復活したGI馬など、人気になってもおかしくない馬が何頭もいる。逆に言えば、断然の「主役は不在」という状況にある。

 そこで木村記者は、昨年のジャパンC以降、チャンピオンズC、有馬記念と、古馬混合GIをすべて制した明け4歳勢の中から1頭、名前を挙げた。

コズミックフォース(牡4歳)です。昨年の日本ダービー3着馬で、ハンデは56kgとやや見込まれた感がありますが、それが嫌われる材料となるなら”穴馬”として面白い存在だと思います。