2018.10.14

兄サトノダイヤモンドとはひと味違う、
サトノジェネシスの重厚な特質

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 現在、同馬はすでに堀厩舎に入厩。デビューに向けて調整を進めているが、厩舎スタッフはサトノジェネシスに対して、どんな感触を得ているのだろうか。関東競馬専門紙のトラックマンが語る。

「馬体重が約500kgと、見栄えのする馬体の持ち主です。スタッフは『順調に調教を積んで、徐々によくなっている』と話していますね。さすがに兄ほどの動きはまだ見せていないようですが、成長は確実にしており、これからどこまで伸びていけるか、というところ。実戦でガラッと変わる可能性もありそうです」

 サトノジェネシスのデビュー予定は、10月20日の2歳新馬(東京・芝2000m)。当然、多くのファンがそのレースに注目しているだろう。

 復活を遂げた兄と同様、弟もクラシック戦線へ駒を進めることができるのか。その初陣から目が離せない。