2018.10.11

秋華賞は過去の激走サインと似る5頭。
配当1000万円超えが再び?

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3歳牝馬三冠の最終戦となるGI秋華賞(10月14日/京都・芝2000m)は、春の二冠(桜花賞、オークス)を制し、史上5頭目の牝馬三冠に挑むアーモンドアイの断然ムードにある。

 秋華賞の歴史を振り返ってみても、彼女の偉業達成には追い風が吹いている。というのも、1996年に秋華賞が創設されて以降、春の二冠を獲得した馬は、ブエナビスタを除いて皆、三冠を決めているからだ(2003年スティルインラブ、2010年アパパネ、2012年ジェンティルドンナ)。

 また、唯一敗れたブエナビスタにしても、勝ったレッドディザイアとハナ差の接戦を繰り広げて2着に入線。レース後、降着処分によって3着となったものの、勝ちに等しい内容を見せている。

 こうした結果を踏まえれば、アーモンドアイも勝ち負けに加わることは必至。三冠達成の可能性は極めて高いと言える。

 ただ一方で、「競馬に絶対はない」と言われているとおり、アーモンドアイの断然ムードに注意をうながすデータもある。今一度、過去の秋華賞の結果を見てみれば、単勝1倍台の圧倒的な支持を得ていた人気馬たちがしばしば敗れているのである。

 先述のブエナビスタ(2009年)をはじめ、ダンスインザムード(2004年、4着)、ラインクラフト(2005年、2着)、ヌーヴォレコルト(2014年、2着)らがそう。そして古くは、創設初年度の1996年に、単勝1.7倍と断トツ人気だったエアグルーヴが10着に敗れている。

 そうした波乱もあり得るとすれば、思い切って穴狙いに徹してみるのも悪くない。そこで、過去の10年の結果を参考にして、秋華賞で躍動しそうな激走馬を探し出してみたい。

 近年の秋華賞では、トライアルとなるGIII紫苑S(中山・芝2000m)の1、2着馬が、4年で3勝と目覚しい活躍を見せている。とすれば、今年も同レースの1、2着馬が狙い目になると踏んでいたが、今年はその2頭とも秋華賞を回避してしまった。